自分でつけるまつげエクステのセルフエクステなら、即独立開業できます。セルフエクステスクールで収入アップしませんか?

地域スクール

センタースクール

セルフエクステブログ

セルフエクステナビ



トップ >セルフエクステスクール受講者の声

▶毎月たくさんの先生がセルフエクステスクールから誕生しています

セルフエクステスクールでは、様々な生徒さんが実際にセルフエクステの講師として活躍しています。
元々OLさんや、専業主婦の方などが多い事から大変気軽に取得できる技術として好評です。


元々趣味でネイルをやっていました。趣味程度だったんですが、友達に「すごくうまいからプロとしてやっていけるよ」なんて言われて調子に乗ってネイルサロンを開業しようかなぁなんて思って、色々調べていたんですが今って本当にネイルサロンが多くて、私の住んでいる所もネイルサロン激戦区のような状態。ただネイルができるってだけじゃダメなんですねぇ。なのでフェイシャルエステなどもできるようになろう!と思ったんですが、技術を取得するのに学校へ通わなければならないし、料金もかなり高い・・・。このときすでに開業準備を始め、仕事も辞めていたのでなんとしてでも早くネイル以外の技術を取得しなくては!と焦っていました。
そんなとき、ホームページでセルフエクステというものを知り、まずは自分でセルフエクステを受けてみる事に。その新しい技術に感動して早速受講!お客様のお顔に触れるのではなく、技術を教えるという方法なので、国家試験などはなく、たったの3時間でディプロマをいただいちゃいました♪
晴れてセルフエクステを身に付けた私はサロン開業。今ではネイルとセルフエクステの両方をサロンでやっているのでお客様に大変満足していただいています。

ページトップへ


短大を卒業してから普通の会社で一般事務のOLをずっとしていました。まだ20代前半だった頃はみなさんに可愛がられていたし、仕事もやりがいがあって楽しかったんですが、30歳を過ぎた頃から、「このままでいいのかなぁ」なんて不安になってきました。
元々美容方面に興味があるので、エステサロンに転職しようかと思いましたが、求人を見ても未経験だとかなりお給料が安く、一人暮らしの私ではきついなぁと思っていた頃、友達から「セルフエクステ」の話を聞きました。その友達は普通のお客さんとして「セルフエクステ」をやって、すごくよかったと言っていたので私も試しにやってみようとサロンへ出向きました。そこで話を聞くと、加盟校の制度もあるみたいで、とっても興味を持ち、受講しました。1日で資格が取れ、週末などを利用して友達やその友達を自宅に読んで「セルフエクステ」のレッスンを開催しました。口コミで人気が出て、予約がいっぱいになり、今は会社を辞めて「セルフエクステ」一本で生計を立てています。手に職をつければ今の時代って強いんですね!

ページトップへ


平日は、商社で営業事務をしています。アフター6は友達と飲みに行ったり習い事をしたりしています。海外旅行が大好きで年に2回はハワイやバリなどに行くのですが、会社の業績が下がりボーナスが全額カット!なのに生活レベルを下げる事ができず、いつもカツカツな生活を送っていました。そんなとき、前から利用していた「セルフエクステ」を思い出しました。確か「セルフエクステ」を人に教える技術を取得して収入を得ることができるとか・・。早速詳しい話を聞いて、資格を取得しました。資格といっても難しくなく、たったの3時間で取得できちゃいました。
お客さんの増やし方なども先生に教わり、まずは同僚や友達を呼びました。平日の仕事も続けたいのでセルフエクステは週末だけですがそれだけでも月に数万円の副収入が♪会社のボーナスはカットされましたが、なんとかセルフエクステで補う事ができ、今まで通り海外旅行や遊びを楽しんでいます。

ページトップへ


結婚して5年、ずっと専業主婦でした。子供が二人いるのでフルタイムで働く事は難しいけど何かがしたい・・・。でもスーパーのレジとかじゃなくてこれからずっと続けていける仕事がしたいなと思っていました。そんなとき、友達の結婚式があり、久々にオシャレしたかったので、「まつげエクステ」をサロンへ出向きつけてもらいました。目元の印象がすっごく変わって感動したのを覚えています。2週間くらいで取れてしまったのでもう一度付けてもらおうと思ってよく考えたら一回1万円くらいするんですよね。それで2週間で落ちてしまうので月に2万円。1年で24万円!とても専業主婦の私には贅沢すぎて無理!何かいい方法はないかとインターネットで検索していたときに「セルフエクステ」を見つけました。それもスクールもやっていて、「セルフエクステ」を自分で教える資格も取得できるとか!早速習得し、今では空いた時間に子供のお母さん友達などに講習して収入を得ています。もう少し子供が大きくなれば本格的に力を入れてやっていきたいと思います。

ページトップへ